ドラゴンボールZ ハイブリッドアクション 超龍伝 べジータ



1 : ◆3ZUPU3cydIci @ターンオーヴァーφ ★:2012/11/28(水) 01:38:34.23 0
□冷凍冷蔵庫「ベジータ」シリーズ

■ツイン冷却 省エネ機能さらなる進化

照明やエアコンのように“不要なときはこまめにスイッチを切る”といった省エネの工夫が難しい冷蔵庫は、
商品本来の性能がそのまま消費電力に反映される。
東芝が今年10月に発売した「ベジータ」シリーズは、同社の特徴ともいえるツイン冷却機構を利用して、
さらなる省エネの進化と保存性能の向上を実現した。

冷蔵庫メーカー各社は、断熱効果の高い真空断熱材の採用、
インバーターを使ったコンプレッサー回転数の制御など多くの省エネ技術を投入してきた。
その結果、家庭用冷蔵庫の消費電力量は、この10年で65%も削減された。
それでも、家庭における機種別の年間電気使用割合は、14%強で第1位となっており、
さらなる省エネの推進が求められているのが現状だ。
しかしながら、各社が工夫を競ってきた省エネ技術も限界に近づいた感があり、
今年の新製品では省エネ以外の特性を一番の訴求点にした商品が多い。
一方東芝では、省エネ機能のさらなる進化にこだわった。

◆霜を抑えるマイナス10度

「ベジータ」シリーズの省エネ技術の核となるのは、冷凍と冷蔵それぞれの温度帯専用の冷却器を備えたツイン冷却システムだ。

家庭用冷蔵庫は、冷却器で冷やした庫内の空気を循環しながら冷却する機構を採用している。
このため、庫内の空気に含まれる水分が、冷却器に触れて凍結し霜が生じる。
冷却器の表面が霜に覆われると、冷却効率が低下して冷却システムの運転時間が長くなり無駄な電力を消費することになる。
通常、冷凍室を冷やすための冷却器の温度はマイナス25度に制御されており、付着した霜の温度も同様に低い。

このため、霜を取るときはヒーターで加熱する必要がある。
冷却器1つで冷凍室も冷蔵室・野菜室も冷やそうとすると、冷蔵庫内のすべての空気に含まれる水分がマイナス25度で着霜し、
当然これを溶かすためのヒーター加熱も必要になる。

東芝のツイン冷却システムは、冷蔵室・野菜室の空気はマイナス10度の冷却器で冷やすため着霜量自体が少なく、
霜を溶かす場合は庫内の空気を循環させるだけで可能だ。
冷凍室用の冷却器も小型で済み、着霜量が少なくなるためヒーターで消費する電力を抑えることができる。
http://www.sankeibiz.jp/business/news/121124/bsc1211240501000-n1.htm
>>2以降に続く

続きを読む