にゅうくそ!

2ちゃんねるの痛いニュース+で管理人が気になったニュースをまとめています。

あつまれ どうぶつの森 完全攻略本+超カタログ 疫病2020 2020年6月30日にまたここで会おう 瀧本哲史伝説の東大講義 (星海社新書) 鬼滅の刃 風の道しるべ (JUMP j BOOKS) 【Amazon.co.jp 限定】キャラぱふぇ ゲームSpecial あつまれ どうぶつの森 無人島デザイン特大号(特典:オリジナルマイデザインPDF データ配信)
Powered By 画RSS



佐藤博史

片山被告はなぜ「小保方」を名乗ったのか

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


こころのふしぎ なぜ?どうして? (楽しく学べるシリーズ)
こころのふしぎ なぜ?どうして?
(楽しく学べるシリーズ)



1 :コザゲート ★:2014/05/25(日) 20:14:08.25 0.net
 パソコン遠隔操作事件で威力業務妨害などの罪に問われた元IT会社社員の片山祐輔被告(32)には、
謝らなければいけない人がまだいる。

 22日、犯行を自白してから初めての公判が東京地裁で開かれ、片山被告は起訴内容を全面的に認めた。
さらに「今まで多くの人をだましてきた。誤認逮捕された方々、無実を信じてくれた方々、すべてを裏切りました」と小さな声で謝罪した。

 主任弁護人の佐藤博史弁護士は、片山被告が同世代の起こした犯罪に強い関心を持っていたと話す。

「(神戸連続児童殺傷の)酒鬼薔薇聖斗の事件も秋葉原の(無差別殺傷)事件も、西鉄バスジャック事件も、
逮捕されたのは1982年生まれの同い年。同世代の事件に関心を持っていて『私と同じように壊れている人と思っている』
と話していた」(佐藤氏)。ただ、あこがれの気持ちがあったわけではなく、動機につながるかは不明だ。

 同世代に関心を持つ片山被告は16日に送った真犯人を装ったメールでは「小保方銃蔵」と名乗っていた。
名前を使われた理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダー(30)は83年生まれだが、意図は何だったのか。

 佐藤氏は「聞いてないけど、(接見で)聞いてほしい? 多分、真犯人ならばこういうのを使うと思っただけで、
意味はないと思うよ」と旬なネタを使っただけで、特別な意味はないとした。

 この事件の公判では佐藤氏が「STAP細胞」に言及したこともあった。

「ちょっと言ったね。『佐藤先生がヒントになりました』なんて(片山被告に)言われたら、立つ瀬がない。小保方さんにも
『すいません』しないといけないよ」(同)。確かに勝手に名前を使われた小保方氏にしてみれば迷惑な話だろう。
だが、本紙記者が「接見で聞いてほしい」と頼んではみたが「小保方さんがかわいそう。絶対聞かない。
聞いても教えない」と佐藤氏は拒否。謎は残ったままだ。

東スポWeb 5月25日(日)10時5分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140525-00000009-tospoweb-ent

続きを読む

【PC遠隔操作事件】河川敷で発見のスマートフォンから被告のDNA

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


D・N・A2 ~何処かで失くしたあいつのアイツ~ Collector's Edition [DVD]
D・N・A2 ~何処かで失くしたあいつのアイツ~
Collector's Edition [DVD]



1 :コザゲート ★:2014/05/20(火) 00:59:18.16 0.net
いわゆるPC遠隔操作事件が、思わぬ展開を見せている。「真犯人」を名乗るメールは、被告による自作自演の疑いが浮上している。
河川敷から見つかったスマートフォンから、被告のDNAが検出されたことが、新たにわかった。
16日、真犯人を名乗る人物から届いた新たなメールについて聞かれ、「信ぴょう性は高いように思います。わたしとしては、
これをもって、この裁判を終わりにしてほしい」と、裁判の終了を訴えた片山祐輔被告(32)。
ところが、そのメールを片山被告自身が送ったとの見方が強まり、東京地検が保釈取り消しの請求を検討していることがわかった。
19日午後、緊急会見した片山被告の弁護人・佐藤博史弁護士は、「最後の電話は(午前)10時22分ですけれども、30分後くらいに
片山さんに連絡したら、電源が切れているか、電波が届かないところにというメッセージが届くようになった」と、
片山被告と連絡が取れなくなっていることを明らかにした。
他人のパソコンに遠隔操作ウイルスを感染させ、小学校への襲撃や無差別殺人などを予告したとして、
威力業務妨害などの罪に問われている片山被告。
裁判では、冤罪(えんざい)だと無罪を主張し、2014年3月に保釈された。
そんな中、16日にフジテレビをはじめ、複数の報道機関に、真犯人と名乗るメールが届いた。
送り主は「小保方銃蔵」と名乗り、片山被告を犯人に仕立て上げたとする手口なども書かれていた。
メールが送られた時間は、片山被告の裁判が行われていた、午前11時37分だった。
公判終了後、このメールについて片山被告は、「(片山さんが送ったメールではない?)ではないです。
犯人が、わざとわたしに、アリバイのある時刻を選んで送ってくれたのかどうか、わからないですけれど」と述べた。
自らが送ったものではないと強調したうえで、メールの送り主については、「人の権利とか、どうも思っていないような、
ひどいやつだと思います。(真犯人に対しては?)自首しろとしか言えないですね」と話した片山被告だったが、
その後、思わぬ展開になった。
片山被告は、裁判前日の15日、携帯電話を荒川の河川敷に埋めたとみられている。
真犯人を名乗るメールは、タイマー送信の機能を使って、翌日の裁判中に届くように送信したとみられている。
メールが送られた前日に、スマートフォンを東京・江戸川区内の荒川の河川敷に埋めていたという。
そして、スマートフォンに送られたメールの文面が残されていたほか、片山被告のDNAも付着していたという。
これが事実なら、わざわざ墓穴を掘ったことになるが、片山被告の弁護人・佐藤博史弁護士は、
「裁判が不利に展開しているなら別ですけれど、弁護団がしっかり頑張って、無罪判決になりそうだったので、
(片山被告に)こんなメールを書く動機っていうのは、絶対にない」と主張している。

フジテレビ系(FNN) 5月19日(月)20時39分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20140519-00000889-fnn-soci

続きを読む

コミック
ミュージック
QRコード
QRコード
アクセスランキング
最新コメント
Blu-ray(アニメ)
ゲーム
  • ライブドアブログ