涙でいっぱいになったペットボトル〔カンペの手紙〕 [DVD]
涙でいっぱいになったペットボトル〔カンペの手紙〕 [DVD]



1 : ◆9NKS●Xw3nU @関電φ ★:2014/02/28(金) 19:35:24.65 P
喜多嶋舞が現時点でのDNA鑑定を拒否したことから、一旦沈静化したようにみえた大沢樹生長男の出生騒動だが、関係者の間ではすでに「本当の父親」が特定されつつあるようだ。
昨年末から芸能界を騒がせたビッグニュースだったが、果たして父親の正体は、一体いつ明らかになるのだろうか。
「まだ騒動が連日報じられていた頃から、芸能マスコミの間で、『本当の父親はこの人物で間違いないだろう』と目されている人物が存在していました。
その人物とは、元芸能人で、過去には売春防止法違反容疑で逮捕歴もある“F”。しかしこのFはまったくの無名であり、現在の所在もまったくわからない。
さらに彼が本当の父親と立証することも難しく、現在この情報はお蔵入り状態になっているようです」(週刊誌記者)
このFと喜多嶋の関係性は謎に包まれているが、当時Fと親しかった関係者の間では、なかば“公然の事実”になっていたという。
「Fはもう何年も前から、親しい関係者や身内に『自分が喜多嶋を妊娠させてしまった』などと吹聴していたそうで、それが今になってメディアにも伝わってきたようです。
さらに現在浮上しているFの顔は、長男と驚くほどそっくり。思わず絶句してしまいましたよ。一時は“父親候補”として名前が浮上した奥田瑛二も、
一部メディアが『長男と顔が似ているから』という安易な理由で報道に至ったのですが、Fの方がはるかに似ている。この事実がもっと早く公になっていれば、
一連の騒動はまったく違った展開を見せていたかもしれません」(同)
しかし、喜多嶋側がDNA鑑定を行わなければ、結局双方の言い分はいつまでも平行線を辿っていくことだろう。
「喜多嶋は『息子が18歳になるまでは』と、現時点でのDNA鑑定を徹底拒否しています。現在17歳の長男が高校卒業を迎えるまでの約1年で、
じっくりと騒動の沈静化や事態の推移を見守っていきたいということでしょう」(同)
現在のところFについては、実名やそれを匂わせるような報道も皆無だが、今後大沢が何らかのアクションを起こせば公になる可能性も出てくることだろう。
血縁関係を否定する大沢と、徹底抗戦状態の喜多嶋、両者に掛けられた“疑惑“が晴れる日はいつ訪れるのか。

ソース:エキサイト
http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20140228/Cyzowoman_201402_post_11472woman.html

続きを読む